宝石みたいな碧眼な瞳

赤ワンピースとドレスを身に纏って

「この紅茶の温度は低すぎるわ・・・。だけど優しい味だわ。」

 

殻にこもっていた僕のことを救い出してくれたのは君のおかげ 

いつも強がっている君が犬の人形見ただけで素直になるなんて

 

丈より長い黄金色のカールツインテール

気安く触れようとすれば飛んでくる「巻き毛ウィップ!!」

 

クリムゾンは僕が守るって決めたのさ

あいつがやってきても僕が守るって決めたんだ